ゲストハウスやレストランで行うデメリット

進行や段取りの確認が必要

カジュアルで自由な形の結婚式としてゲストハウスやレストランを選ぶ人も多くなっています。自分たちならではオリジナル性が出せると共に料理のクオリティが高く、招待客に喜んでもらえるというメリットがありますが、その反面デメリットも存在します。どんなレストランを選ぶかによっても違ってきますが、もともと結婚式に特化した場所ではないため、ブライダル専門のスタッフはいないことが多いです。そのため、進行や段取りに慣れていない場合も多く、ちょっとしたトラブルも発生しやすいと言えます。トラブルを避けるためには、スタッフと綿密な打ち合わせが必要になります。また、ゲストハウスなどは貸し切りに近いため、場所によっては費用が思ったより高くなってしまう場合もあります。

施設の確認や周囲の理解も必要

もう一つのデメリットとして、必要な施設が充実していないということがあります。新郎新婦の準備に必ず部屋は必要ですし、招待客の控室もほしいところです。結婚式をチャペルで挙げて、披露宴だけをレストランで行う場合などはアクセスの準備も必要になり、遠方から来てくれる人が多い場合は別に宿泊施設も用意しなければいけません。また、レストランウェデングというとどうしてもカジュアルなイメージがあるため、簡単に済ませられる結婚式という感覚の人もまだまだ多いのが実情です。そのため、格式を求める家族や親族に軽く見られてしまい、理解してもらえないという面もあります。他にも写真なども含めてすべてセットにはなっていないため、一つ一つのことをすべて手作り感覚で準備しなければならないのが楽しい反面、デメリットになることもあり得ます。